株式会社アルゴ

※画面を横にするとパソコン版のレイアウトでご覧いただけます。正しく表示されていない場合は横向きでご覧ください。

カメラ

センサ紹介
The Imaging Source社製カメラ搭載 MT9J003

Aptina MT9J003 特徴

  • ローコストセンサ
  • 高解像度センサ
  • センサ型番  : CMOS MT9J003
  • 画素数    : 1000万画素
  • 解像度    : 3856×2764
  • ピクセルサイズ: 1.67µm×1.67µm
  • センササイズ : 1/2.3"
  • シャッター  : ローリングシャッター
  • ビニング&スキッピング:
     2xスキップ、4xスキップ、2xビニング、4xビニング

旧Aptina社(現Onsemi社)のMT9J003のセンサ。ローコストにも関わらず、10Mの解像度が大きな特徴。5Mのローコストカメラでも解像度が足りない場合は検討に値。とにかく解像度が高いものが必要な検査装置などの場合は、このセンサを搭載したカメラを複数設置し外部トリガーでマルチカメラにしてしまう手もあり。ピクセルサイズが小さいのでレンズの分解能が追い付かずボケるとするのは早合点。弊社選定ローコストレンズを組み合わせれば十分な性能を発揮します。貸出評価も可能。お気軽にお問合せ下さい。

半分の解像度でよりローコストな5MのMT9P031/MT9P006はこちら。

Aptina MT9J003

分光感度グラフ

TheImagingSource社製 MT9J003搭載カメラ

ページ上部へ戻る