株式会社アルゴ

※画面を横にするとパソコン版のレイアウトでご覧いただけます。正しく表示されていない場合は横向きでご覧ください。

  1. HOME
  2. 商品総合
  3. 部品・ユニット
  4. 真性乱数発生器 AR-QUANTIS
部品・ユニット AR-QUANTIS

量子物理に基づく真性乱数発生器ボード
USB/PCI-Express/PCIバス/OEM組み込みモデル

無作為を再定義!粒子物理学にもとづく乱数発生ジェネレーターボード

IDQ-QUANTISは、素量光学プロセスを利用し量子物理学に基づく世界で唯一の真性乱数発生器ボードです。

光子(光粒子)は、半透明の鏡にひとつずつ送られて検出され、排反事象(反射/透過)は「0」-「1」ビット値に関連づけられます。 IDQ-Quantisは、ランダムビットストリームの”Failure” & “Disabling”を確実に検出するために連続的にモニターされます。標準で4Mbit/秒の高速ランダムストリームを実現し、今までkbits程度のスピードであった他社製品に比べ高いビットレートを提供します。製品には4種類のラインナップがあります。

量子物理型の真性乱数発生・生成器はクラウドコンピューティング、量子暗号化技術、シュミレーション、オンラインゲームなど新しい時代のネットワークインフラとセキュリティーに重要な役割を果たします。

特徴

IDQ-QUANTISは本当にユニークな乱数発生器(TRNG)です
IDQ-Quantisの真性乱数発生器は、乱数・暗号・統計学の研究やシステム開発に最適です。今のコンピューターから得られる乱数は真の意味で一様な乱数ではありません。IDQ-Quantisは、真の乱数を生成するために量子物理を使用し、量子が本質的にランダムであるという原則に基づく真の乱数を提供します。
★真の乱数を作るためにIDQ-QUANTISは量子物理を利用します
現在、世の中のランダム生成に利用されているソースは2つの種類に分類できます。1つ目は疑似ランダムビットストリームを発生させるソフトウェアソリューションです。2つ目は古典物理を利用してランダムストリームに似たものを生成しますが、この場合も実際には複雑さの陰にある種の決定論が存在しています。古典物理学とは違い、量子物理学は根本的に無作為です。これは、現代物理学の基礎構造の中で偶発性が認められる唯一の理論です。IDQ-Quantisは、量子の特性を使い、真の乱数を生成します。
★Quantisは非常に高いビット伝送速度で乱数を発生させます
IDQ-Quantisは、今までに無い最大16Mbpsまでの非常に高いビットレートで乱数を作成します。 これは、今日最も高い真のランダムビット伝送速度の利用を可能にしています。
★IDQ-Quantisは絶え間なく状態チェックをします
IDQ-Quantisのプロセスユニットには、ライブで自己診断と検証を行う機能が備わっております。この特徴によりユーザーは発生する乱数に高い信頼性を持つことができます。
量子を利用して乱数を生成します
乱数は多くのアプリケーションで利用されますが、今の世の中では見落とされていることがあります。コンピューターは真の乱数を作成することができません。真の乱数を生成するためには真にランダムな物理ソースが必要です。量子物理学は本質的に無作為であることから、乱数を発生させるソースとして量子プロセスを利用することは必然です。量子乱数発生器(QRNG)は一般的な乱数発生ソースに比べ確固たるアドバンテージがあります。
アプリケーション
・暗号作成生成装置、量子暗号化、ネットワークセキュリティー
・ギャンブル機器、宝くじ、パチンコ、オンラインゲーム
・印刷物のセキュリティー
・PIN番号発生、クラウドコンピューティングシステム
・携帯プリペードシステム
・統計学
・数値シュミュレーション 、モンテカルロ法
★IDQ-QUANTISは世界で認められ、信用されています
IDQ-QUANTISは、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)、METAS(スイス連邦度量計測機関)の他、CTL、iTech Labs、BSIに認められた乱数発生器です。主にセキュリティー、ギャンブル、ゲームアプリケーションにおいて、世界中で使用されています。
>> QUANTIS CERTIFICATIONS(PDF:504KB)
  1. HOME
  2. 商品総合
  3. 部品・ユニット
  4. 真性乱数発生器 AR-QUANTIS
ページ上部へ戻る