株式会社アルゴ

※画面を横にするとパソコン版のレイアウトでご覧いただけます。正しく表示されていない場合は横向きでご覧ください。

  1. HOME
  2. 商品総合
  3. ソフトウェア
  4. Norpix StreamPix
ソフトウェア StreamPix

デジタル画像記録ソフトウェア
各メーカーのカメラやグラバーボードに対応

  • 各フレームの連続キャプチャー&動画保存
  • タイムラプス撮影など任意時間設定での取り込み
  • ホストPCのメインメモリ又はディスクへのデータ保存
  • 画像出力機器で各社カメラ&フレームグラバーボードに対応
  • 使いやすいインターフェイス(記録,再生,早送,巻戻,保存)
  • 各ファイルフォーマット対応
    (BPM,TIFF,JPEG,PNG,MP4,AVI)
  • AVI保存でDirectShowコーデックの使用も可能
  • Bayerカラー変換/タイムスタンプ/テキスト/オーバーレイ
  • レコーディングスクリプトによる
    多彩なレコーディング方法に対応
  • トリガーイベントレコーディング対応
  • 拡張機能モジュールやプラグインで機能拡張対応

Norpix社のStreamPixは、各フレームのシーケンシャル取り込みやタイムラプス撮影、AVI取り込みなど動画記録をPCのメインメモリやディスクへ簡単に行えるシーケンシャルキャプチャー&動画取り込み保存が可能なデジタル記録ソフトウェアです。

様々なデジタルカメラ(USB、IEEE1394、CameraLink、LVDS、GigEカメラ)、アナログ(NTSC/PAL)&デジタルフレームグラバーボード(CameraLink、LVDS、GigE)に対応し、1つのソフトウェアから多種多様なハードウェアでお使い頂けます。1ソフトウェアからの複数カメラ制御も可能でマルチシステムを構築して同時キャプチャーも可能です。またアナログRGB/DVI映像信号を取り込めるグラバーボードにも対応しディスプレイ画面の動画取り込みも可能になりました。

ソフトウェアのユーザーインターフェイスもとても使いやすく洗練され初めてのお客様でも手軽にご使用頂けます。拡張機能モジュールによる機能拡張も対応しており、トリガーに応じての撮影の開始停止や、他画面への映像出力、クロスバーや文字のオーバーレイ表示などが可能です。また、別売のコーデックを使えばQSV/CUDA支援によるハードウェアエンコーディングも可能です。


▲ ソフトウェア画面キャプチャ:クリックで別ウィンドウ表示 ▲

▲ ソフトウェア画面キャプチャ:クリックで別ウィンドウ表示 ▲
NVIDIA H264

使用例

画像クリックで拡大表示されます。

機能
取り込み 動画 & 静止画キャプチャー
データ記録 メモリ又はディスク
ファイルフォーマット RAW、BMP、TIFF、JPEG、PNG、FITS、AVI、MP4
コーデック DirectShow標準コーデック対応 / ハードウェア支援(オプション)
操作 録画 / 再生 / スナップ保存
プレビュー サムネルビュー/マルチディスプレイビュー/分割画面ビュー
外部イベント トリガー信号によるレコーディング制御(デバイス依存)
時間間隔記録 タイムラプス撮影機能
時刻記録 タイムスタンプ機能(イメージ上へのスタンプ可能)
オーバーレイ テキスト、画像オーバーレイ、クロスバー
録画設定カスタマイズ スクリプトによる録画手順の制御
音声 動画 & 音声同時記録機能
Bayer変換 Bayerカラー変換機能
複数カメラ マルチカメラ & マルチビューワ機能(StreamPix8-MCのみ対応)
繰り返し記録 ビデオループレコーディング
OS 32/64bit:Windows7以降
▲タブのトップへ戻る
アイコンの
説明
対応 32bit版のみ対応
非対応 追加費用が必要(価格は「オプションモジュールの価格」タブを参照)

基本的な機能 Lite版 Std版 MC版
Windows 7, 8, 10との互換性
32bit or 64bit対応
USB/GigEカメラに対応
IEEE1394カメラ/アナログボードに対応
CameraLink/CoaXPress+ボードに対応
WDM互換性のあるカメラの対応
シングルデバイスからのデータ取得
録画/再生制御
メモリ内にRawデータ保存(高速キャプチャ用)
画像データをSeqファイルでディスク録画(非圧縮 or 圧縮)
非圧縮のみ
画像や音声データをAVIでディスク録画 (非圧縮 or コーデック圧縮)
SeqファイルをAVIファイルで出力
Seqファイルを対応画像フォーマットで出力 * bmp, jpg, tiff only
任意のパターンでのファイル名自動指定
保存済みSeqファイルとAVIファイルの再生
録画中のデータプレビュー
Seqファイルの再生/巻き戻しを任意の速度で実行
フレーム単位のプレビュー表示
ハードウェアトリガー (サポート対象のデバイス)
Bayer変換 (リアルタイム or 後処理)
ホワイトバランス (リアルタイム or 後処理)
マイクロ秒精度のタイムスタンプ
タイムスタンプのオーバーレイ
画像データをbmp, jpg, tiff, png, fit, jp2, dpx, dng, wdpファイルでディスク録画
繰り返し連続録画
録画形式に合わせて、録画スクリプトを作成
録画スクリプトのカスタマイズ
Seqファイルの録画内容をサムネイル表示
録画/再生中にフレームにマーカー設定する
タイムシフト再生
I/O端子からのInput信号を利用したキャプチャ制御(サポート対象のデバイスのみ)
キャプチャイベントに応じたI/O端子からのOutput信号の出力(サポート対象のデバイスのみ)
画像や音声データをMOVファイル(QuickTime)でディスク録画
SeqファイルをMOVファイル(QuickTime)で出力
複数デバイスからのデータ取得
データの同期再生(複数のワークスペース上で)
マルチディスプレイモード

▲タブのトップへ戻る
アイコンの
説明
対応 32bit版のみ対応
非対応 追加費用が必要(価格は「オプションモジュールの価格」タブを参照)

拡張機能 Lite版 Std版 MC版
高度な設定を含むDirectShowコーデック(AVIファイル用)
タイムラプス撮影
カラーリマッピング (IRIDAS 1D / 3D LUT)
外部のタイムソース (IrigA, IrigB, GPS, LTC/VITC etc)
音声の録音と再生(WAV)
音声の録音と再生 (BWAV format)
音声の録音と再生 (AUD)
データ集録デバイスからのデータのキャプチャとレビュー (DAQ)
音声/ビデオ/DAQの同期再生
Seqファイルと音声ファイルをAVIファイルに出力
DAQファイルを「.csv」形式に出力
▲タブのトップへ戻る
アイコンの
説明
対応 32bit版のみ対応
非対応 追加費用が必要(価格は「オプションモジュールの価格」タブを参照)

プラグイン Lite版 Std版 MC版
Audio Trigger
自動ゲイン/露光/絞りコントロール
Birger レンズコントローラー
ビットマップオーバーレイ
Black Magic Playout
コマンドライン制御
テキストオーバーレイ
圧縮ファイルの容量シュミレーター
十字線表示
露光時間オーバーレイ(対応カメラのみ)
ファイル自動削除
FLIR Thermal Imaging Mapping
フォーカス調整アシスト
GPS/DMIポジショニング
GPSタイムスタンプ
ヒストグラム
カラーチャンネル別表示
画像合成
画像のサイズ変更・切り抜き
画像の平滑化
画像の回転
画像の最大/最小/平均値表示
画像の連結
レンズコントロール(対応カメラのみ)
LTC/VITCオーバーレイ
メタデータオーバーレイ
動き検出
National Instruments用パルスジェネレーター(NI&NImx)
MCC用パルスジェネレーター
フレームグラバー用パルスジェネレーター
図形オーバーレイ
RaptorPhotonicsカメラ制御ツール
クイックオーバーレイ
IRIGタイムスタンプ同期モニタ
UDPトリガーキャプチャ
マルチモニタ出力
ビデオスコープ
Web配信エンコーダ
▲タブのトップへ戻る
商品コード(型番) 構成/内容 価格(税別)
ソフトウェア
本体
STP-8-LITE StreamPix-Lite版
USB3.0/USB2.0/GigEカメラに対応(シングルデバイス専用)
\90,000.-
STP-8-S-Std StreamPix-Std版
USB3.0/USB2.0/IEEE1394/GigEカメラ、
アナログボードに対応(シングルデバイス専用)
\150,000.-
STP-8-MC-CL StreamPix-MC版
全対応カメラおよびCameraLink/CoaXPressボード、
アナログボードに対応(マルチデバイス対応:8台未満)
\220,000.-
MULTI-CAM StreamPix-MC専用対応デバイス台数拡張モジュール
(マルチデバイス対応:8台以上)
\60,000.-
アップ
グレード
UPG-STP-LITE-STD Lite版からStd版へのアップグレード \65,000.-
UPG-STP-LITE-MC/CL Lite版からMC版へのアップグレード \135,000.-
UPG-STP-STD-MC/CL Std版からMC版へのアップグレード \70,000.-
UPG-~-S8 旧VerのStreamPixからのアップグレード お問い合わせ

※注意事項

  • 対応カメラとグラバーボードについてはご購入前に必ずご確認下さい。
  • 対応カメラやグラバーボードのドライバーバージョンによっては動作しないものもあります。
  • PCの環境に応じて処理パフォーマンスは異なります。
  • 複数台のカメラを使用される場合はStreamPix8-MCが必要です。
  • 8台以上のカメラを使用される場合はMULTI-CAMのモジュールとStreamPix8-MCが必要です。
▲タブのトップへ戻る
商品コード(型番) 構成/内容 価格(税別)
拡張機能
モジュール
GPS-Mod-8 NMEAログデータ保存機能追加 \80,000.-
Birger-Mod-8 Birger製レンズコントローラー制御機能追加 \80,000.-
Motion-Mod-8 モーション検知トリガ機能追加 \80,000.-
Audio-Trig-Mod-8 音声検知トリガ機能追加 \80,000.-
Audio-Mod-8 音声レコーディング機能追加 \80,000.-
Web Streamer-Mod-8-Single RTSP/HLS対応画像/音声ネットワーク配信機能追加
(シングルデバイス用)
\80,000.-
Web Streamer-Mod-8-Multi RTSP/HLS対応画像/音声ネットワーク配信機能追加
(マルチデバイス用)
\150,000.-
StreamPix-Remote リモート制御機能追加(ローカルネットワーク専用) \150,000.-
Pre/Post-Mod-8 プリポスト撮影機能追加 \150,000.-
DAQ-Mod-8 DAQログデータ保存機能追加 \150,000.-
CUDA-Mod-8 JPEG静止画ファイル保存時のGPU支援
(NVIDIA CUDAをサポート)
\80,000.-
AVIコーデック
モジュール
H.264 CODEC DirectShow互換H.264圧縮コーデック
[最大1ストリームまで]
(Intel第2世代以降のQSVをサポート)
\15,000.-
INTEL HEVC (H.265) DirectShow互換ハードウェアH.265圧縮コーデック
[最大1ストリームまで]
(Intel第6世代以降のQSVをサポート)
\30,000.-
CUDA H.264 DirectShow互換ハードウェアH.264圧縮コーデック
[最大2ストリームまで]
(NVIDIA CUDAをサポート)
\20,000.-
CUDA HEVC (H.265) DirectShow互換ハードウェアH.265圧縮コーデック
[最大2ストリームまで]
(NVIDIA CUDAをサポート)
\30,000.-
AMD H.264 DirectShow互換ハードウェアH.264圧縮コーデック
(AMD R9以降のGPUをサポート)
\20,000.-
CUDA JPEG DirectShow互換ハードウェアMJPEG圧縮コーデック
(NVIDIA CUDAをサポート)
\100,000.-
OpenCL MJPEG DirectShow互換ハードウェアMJPEG圧縮コーデック
(OpenCL1.2以降のGPUをサポート)
\100,000.-
MJPEG CODEC DirectShow互換MJPEG圧縮コーデック \15,000.-
MPEG4 DirectShow互換MPEG4圧縮コーデック \20,000.-
AAC CODEC DirectShow互換AAC圧縮コーデック \15,000.-
MP3 CODEC DirectShow互換MP3圧縮コーデック \15,000.-
オプション
IO機器
PULSE/DSA BOX パルスジェネレータボックスと信号リレーボックスのセット \180,000.-
USB-IO-TTL BOX USB接続TTL信号入出力用IOコントローラー(In2/Out2) \110,000.-

※注意事項

  • Web Streamer-Modで音声を配信したい場合、Audio-Modが必要です。
  • QuickSyncVideo(QSV)を利用するにはSandyBridge以降のIntel製CPUでQSV対応CPUを使用する必要があります。
  • QuickSyncVideo(QSV)を利用するにCPUのオンボードグラフィックを有効にする必要があります。
  • 他のGPUを使いつつQuickSyncVideo(QSV)を利用するにUEFI上でMulti-Monitorを有効にして最新のドライバを使用する必要があります。
  • CUDAを利用するにはNVIDIA製グラフィックボードでCUDA対応品を使用する必要があります。
  • CUDAを利用するにはCompute Capabilityが3.0以上のCUDA対応製品を使用する必要があります。
  • CUDAでHEVCを利用するにはCompute Capabilityが6.0以上のCUDA対応製品を使用する必要があります。
▲タブのトップへ戻る
  1. HOME
  2. 商品総合
  3. ソフトウェア
  4. Norpix StreamPix
ページ上部へ戻る