※画面を横にするとパソコン版のレイアウトでご覧いただけます。
 正しく表示されていない場合は横向きでご覧ください。

マシンビジョン特化型統合開発環境(IDE)

シリーズ名

Zebra Aurora Vision Studio™

マシンビジョンシステムの構築を強力にサポートする“All in one”の開発環境

Zebra Aurora Vision StudioはZebra Technologies社が提供するマシンビジョンプラットフォームのGUIソフトウェア(システム開発ツール)です。主に画像処理やマシンビジョンデバイスの制御、AI学習/推論等の機能を容易に使えるように最適化されており、手軽にもかかわらず高度なソフトウェアを構築可能で、ランタイム利用によるコストの削減や、システム開発工数の大幅削減が可能です。

3ステップで簡単構築

STEP1アルゴリズム設計
  1. 使いたいフィルタをツールボックスからドラッグ&ドロップ
  2. 各種パラメータを設定し接続
STEP2GUIの作成
  1. コントロールをHMIパネルにドラッグ&ドロップ
  2. コントロールのプロパティを設定
  3. プログラムとコントロールを接続
  4. イベントハンドラでイベント管理
STEP3導入
  1. STEP1&2で完成したプログラムを実行ファイルとしてエクスポート
  2. 実行ファイルを任意の環境で実行

Aurora Vision Studioの主な特徴

豊富なサンプルとチュートリアル

多数のサンプル&チュートリアルでプログラミングや画像処理のビギナーでも簡単スタート!

マウスオンリーでシステム構築

殆どの操作をマウスのドラッグ&ドロップで完結。コーディングが不要なユーザーフレンドリー設計。

1000以上のフィルタセット

1000以上のフィルタ搭載の画像処理ライブラリで思い通りの画像処理をサポート。

多くのカメラデバイスや外部機器と連携

GigEVision/GeniCamの他、3DカメラやビジョンBOX等の幅広いデバイスとの高い互換性。

ワンツールでトータルサポート

画像処理のアルゴリズム構築からGUIの作成、外部デバイスの制御までワンツールでサポート。

C++/.NETコードジェネレーター

作成したフィルタや処理等をC++コード又は.NETアセンブリにエクスポートする事が可能。

カメラ制御フィルタ

ワンタッチでカメラ映像の取得やプロパティ制御(露光時間や解像度)を行うためのフィルタを用意しております。
マシンビジョンにおいて必須の“画像取得”部分を直感的に行えるだけではなく、マルチカメラ制御や画像処理やワークに応じたフィードバック制御も構築できます。

GenICam / GigE Vision

産業用カメラの標準規格であるGenICamやGigE Visionに対応しており、規格に対応しているカメラの映像取得やプロパティ設定へはAurora Visionから簡単にアクセスが可能で、ワンタッチでカメラ映像を使ったアプリケーション構築が可能です。

メーカー製SDKプラグイン

Aurora Visionには各種カメラメーカーがリリースしている制御用のSDKを組込まれており、デバイス制御用のフィルタとして提供しています。これにより、メーカー独自の機能や標準規格外のカメラの制御や映像取得も可能です。

画像処理フィルタ

Zebra Aurora Vision Studioでは、マシンビジョンアプリケーションの核となる画像処理フィルタを機能や用途に合わせた多くのバリエーションを用意しており、それぞれを組み合わせることで思い通りの画像処理や解析を実現できます。以下のフィルタはその一部です。

画像処理 
Image Processing

画像処理の基本的な機能はそれぞれ容易に呼び出せるフィルタや共通型で実装されております。
例)単項および二項画像演算、精密化、モルフォロジー、スムージング、空間変換、グラデーション、閾値処理、色解析、不定形のROI演算。

データコード画像のデコード 
Codeimage Anylysis

各フォーマットのバーコードやQRコード、データマトリックスなどの検出と認識をサポートしています。
例)EAN13, EAN13Addon2, EAN13Addon5, EAN8, EAN8Addon2, EAN8Addon5, UPCA, UPCE, CODE128, CODE39, CODE93, Interleaved2of5, Pharmacode, PharmacodeInversed, PDF417, QR

領域解析 
Region Analysis

画像やオブジェクト上のRoi(関心領域=ピクセル集合)に対して抽出、分類、集合演算、精密化、スケルトン化。
空間変換や測長等、様々な処理や解析を行う事が可能です。

3次元解析 
3D Anylsis

3Dセンサのデータやステレオカメラによる3次元情報の解析やマッピングもサポートしています。

文字認識 
OCR

ルールベースやAIベースでの文字認識を使用することができます、特にAIベースでは表面歪曲や照明条件、被写体の回転等の複雑な条件に簡単に対応する事が可能です。

OpenCV 

画像処理で多く使用されているオープンソースライブラリであるOpenCVの機能も搭載、より使いやすくチューニングされており、OpenCVから有償ライブラリへの移行もスムーズに行うことが出来ます。

GUI・HMI構築

Zebra Aurora Vision Studioでは画像処理や画像分析等をアプリケーションとして成立させるためのGUIやHMI(ヒューマンマシンインターフェース:エンドユーザーのグラフィカル環境)の構築も行うことができます。
マウス操作で映像表示パネルやON/OFFスイッチ、ボタンなどを配置することができ、アプリケーションに必要な機能を簡単に実装できます。



▲タブのトップへ戻る
DeepLearning Add-On
AIベースとルールベースを最大限に活用

DeepLearning Add-Onを追加する事で、AI検査処理が可能になります。
AIベースの処理を追加する事で、既存のルールベースでは対応が難しい課題に対しての対応が可能になります。
※DeepLearning Add-Onを利用するには、別途RTXシリーズ以上のNVIDIA製GPUの搭載が必要です。

AIベースとルールベースの長所を組み合わせて、フレキシブルかつ精密な画像検査を手軽に実装!

追加される主なAI検査機能
異常検知

OK/NG判別に最適

テキスト位置検知

文字位置や方向性を検知

DeepLearning-OCR

フォントに依存しない文字認識

クラス分類

画像内容から種類ごとへ分類

物体検知

対象物の種類と位置を検知

位置決め検知

キーポイントの位置を検知

セマンティックセグメンテーション

画像から対象物の種類と領域を特定

インスタンスセグメンテーション

個体ごとの種類と領域を特定

ヒートマップ

AIがどこに注目したか可視化

Parallel Add-On

Aurora Vision Studio上で同時並列の画像処理や、マルチスレッドプログラミングの構築/デバッグが可能となるアドオンです。処理フローを並列的に効率化する事で画像検査やAI推論を含めた処理時間を短縮したり、複数台カメラを用いたデバイス制御や画像処理を利用する場合に効果的なアドオンとなっています。

例えば、例えば、製品検査システムにおいて「キズ有無の判定」「製品サイズの測長」「OCRによる刻印読み取り」を行い、ユーザーインターフェイス(UI)への反映を行う場合、以下のようなパターンに分けることが出来ます。

同時にできる処理は並列的に行う事で、処理の実行時間の短縮や処理の効率化が可能です。

※マルチプロセスのランタイムについて
マルチプロセスのランタイムはスレッド数とは別に、同時に起動できるアプリケーションの数を増やすことが可能です。
全く別の画像処理アプリケーションを1台のPCで同時実行したい等の際に有効です。

※カメラの制御やソフトやフィルタの基本処理に関しては、当アドオンが無い場合でも内部処理はマルチスレッドで実行されています。

Library Add-On

Aurora Vision StudioにC++や.NETのコードジェネレーター機能を追加するためのアドオンです。
GUIツールで構築した画像処理や解析ロジックを、コードとして出力する事でGUIツールとコードベース開発の両方のメリットを活かす開発や、既存の別アプリケーションへの画像処理組込が容易になります。

また、このアドオンを導入すると、別製品であるAurora Vision Libraryの機能も利用可能となり、別のシステムやアプリとの連携を検討の場合や、ノーコードとコーディング開発を両方検討している場合は別々に購入するより低コストで導入可能となります。


Aurora Vision Studio

ThresholdImage

Aurora Vision Library

void ThresholdImage
(
	const Image&			inImage,
	Optional<const Region&>	inRoi,
	Optional<real>			inMinValue,
	Optional<real>			inMaxValue,
	real					inFuzziness,
	Image&					outMonoImage
);
ノーコード・マシンビジョン特化
開発ツール
Zebra Aurora Vision Studio
All in one!


▲タブのトップへ戻る
A1
AI検査や画像処理をマルチデバイスで行う

・AI検査機能やAIでのOCR処理、マルチデバイス/マルチスレッド処理の両方が利用可能です。

必要なアドオン AVL-DeepLearning Add-On
AVL-Parallel Add-On
追加される機能 ・AI検査機能およびAIでのOCR処理
・マルチデバイスでの同時処理/マルチスレッド処理
A2
AI検査や画像処理をシングルデバイスで行う

・AI検査機能やAIでのOCR処理がシングルデバイスで利用可能です。

必要なアドオン AVS-DeepLearning Add-On
追加される機能 ・AI検査機能およびAIでのOCR処理
A3
マルチデバイスで画像処理を行う

・マルチデバイス/マルチスレッド処理の両方が利用可能です。

必要なアドオン AVS-Parallel Add-On
追加される機能 ・マルチデバイスでの同時処理/マルチスレッド処理
A4
シングルデバイスで画像処理を行う

・追加機能無し、シングルデバイスで利用可能です。

必要なアドオン 無し
追加される機能 無し

B1
DeepLearning-OCRを使った、マルチデバイス用アプリの実行

DeepLearning-OCRのみが利用可能な、お得なAI機能付きマルチデバイスランタイムです。

必要なランタイムライセンス AVS-X.X-Runtime-DeepLearningOCR CoreLimit 8
上限スレッド数 無制限
上限プロセス数
上限物理コア数
B2
DeepLearning-OCRを使った、シングルデバイス用アプリの実行

DeepLearning-OCRのみが利用可能な、お得なAI機能付きシングルデバイスランタイムです。

必要なランタイムライセンス AVS-X.X-Runtime-DeepLearningOCR
上限スレッド数
上限プロセス数
B3
マルチデバイス用アプリの実行

・CoreLimit利用時は、PCのコア数に応じて適切な負荷分散が行われます。
・ProcessLimit利用時は、複数のアプリケーションを実行可能です。

必要なランタイムライセンス① AVS-X.X-Runtime CoreLimit
上限スレッド数 無制限
上限プロセス数
上限物理コア数 4~
オプション AI検査機能を利用する場合は以下のランタイムライセンスも必要です。
マルチGPU処理・非対応:AVS-Runtime-DeepLearning Add-On
マルチGPU処理・対応:AVS-Runtime-DeepLearning Add-On GpuLimit 4

・最も安価で基本的なランタイムライセンスです。

必要なランタイムライセンス② AVS-X.X-Runtime ProcessLimit
上限スレッド数 2~6
上限プロセス数 2~6
オプション AI検査機能を利用する場合は以下のランタイムライセンスも必要です。
マルチGPU処理・非対応:AVS-Runtime-DeepLearning Add-On
マルチGPU処理・対応:AVS-Runtime-DeepLearning Add-On GpuLimit 4
B4
シングルデバイス用アプリの実行
必要なランタイムライセンス AVS-X.X-Runtime
上限スレッド数
上限プロセス数
オプション AI検査機能を利用する場合は以下のランタイムライセンスも必要です。
マルチGPU処理・非対応:AVS-Runtime-DeepLearning Add-On
マルチGPU処理・対応:AVS-Runtime-DeepLearning Add-On GpuLimit 4
▲タブのトップへ戻る
商品一覧表
商品コード・型番 商品名 価格
開発環境
Aurora Vision Studio X.X Professional Aurora Vision Studio IDEソフトウェア
(1年アップグレードサポート付)
お問い合わせ
機能追加(Add-On)
AVS-DeepLearning Add-On Deep Learning機能追加・シングルGPU用 お問い合わせ
AVS-DeepLearning Add-On GpuLimit 4 Deep Learning機能追加・マルチGPU用(最大4GPU)
AVS-X.X-Library Add-On コード出力機能追加+Aurora Library SDK
AVS-X.X-Parallel Add-On マルチ処理(並列)機能追加
ライセンスキー
AVS-USB Dongle-Dev USBドングルキー・開発用普通サイズCmStick お問い合わせ
AVS-USB Dongle-Runtime USBドングルキー ・ランタイム用小型サイズCMStick/C Basic
ライセンス延長・追加
AVS-UpgradeSupport-Studio Aurora Vision Studio用 1年間アップグレードサポート お問い合わせ
AVS-UpgradeSupport-Studio and Library Aurora Studio+Library用 1年間アップグレードサポート
AVS-UpgradeSupport-Deep Learning Add-On Deep Learning機能追加用 1年間アップグレードサポート
ランタイムライセンス
AVS-X.X-Runtime シングル スレッド限定・ランタイムライセンス お問い合わせ
AVS-X.X-Runtime CoreLimit 4 スレッド無制限4コア以下CPU用・ランタイムライセンス
AVS-X.X-Runtime CoreLimit 6 スレッド無制限6コア以下CPU用・ランタイムライセンス
AVS-X.X-Runtime CoreLimit 8 スレッド無制限8コア以下CPU用・ランタイムライセンス
AVS-X.X-Runtime CoreLimit 12 スレッド無制限12コア以下CPU用・ランタイムライセンス
AVS-X.X-Runtime CoreLimit 16 スレッド無制限16コア以下CPU用・ランタイムライセンス
AVS-X.X-Runtime ProcessLimit 2 2ソフト同時稼働可能+合計2スレッド・ランタイムライセンス
AVS-X.X-Runtime ProcessLimit 4 4ソフト同時稼働可能+合計4スレッド・ランタイムライセンス
AVS-X.X-Runtime ProcessLimit 6 6ソフト同時稼働可能+合計6スレッド・ランタイムライセンス
AVS-X.X-Runtime-DeepLearningOCR Deep Learning OCRランタイムライセンス
AVS-X.X-Runtime-DeepLearningOCR CoreLimit 8 Deep Learning OCR込みスレッド無制限
8コア以下CPU用ランタイムライセンス
ランタイムライセンス Deep Learning 用
AVS-Runtime-DeepLearning Add-On Deep Learning用ランタイムライセンス
(※ランタイムライセンスが別途必要)
お問い合わせ
AVS-Runtime-DeepLearning Add-On GpuLimit 4 Deep Learning用ランタイムライセンス・マルチGPU用(最大4)
(※ランタイムライセンスが別途必要)

※実際の製品型番の「X.X」にはソフトウェアのバージョンが入ります。

※ランタイムライセンスの説明についてはこちらをご覧ください。

対応デバイス一覧
カメラ Alkeria/GigE Vision/GeniCam/Allied Vision/AXIS/Baumer/Basler/Emergent Vision Technologies/Dahua/ Ensenso/FLIR(PointGrey)/Hikvision/IDS/IFM/IMPERX/Kinect/LMI/MATRIX VISION/Microview/Optronis/
Opto Engineering/Photoneo/SmartRay/The Imaging Source/Thorlabs/XIMEA/DirectShow Device
3Dカメラ Ensenso/IFM/Kinect/LMI/Photoneo/SmartRay
グラバーボード Active Silicon/BitFlow/Epiphan/Euresys/Silicon Software
DAQ Anybus/Advantech/National Instruments/Hilscher
マシンビジョンBOX HIKROBOT Vision Box/IMAGO Technologies/LEX System/Neousys/NODKA

※青太文字は弊社取り扱いメーカです。

推奨動作環境
Zebra
Aurora Vision
Studio™
Zebra
Aurora Vision Library™
Zebra
Aurora Deep Learning™
OS Windows/Linux Windows/Linux Windows
CPU intel i5と同等
もしくはそれ以上
intel i5と同等
またはそれ以上/ARMv7,v8
intel i5と同等
もしくはそれ以上
GPU RTXシリーズ以上の
NVIDIA製GPU
サンプル動画
Getting Started
Program Example
▲タブのトップへ戻る
▼ デモ機・評価ライセンスのご相談はこちらから ▼
メールでのお問い合わせ
argo@argocorp.com
お電話でのお問い合わせ
06-6151-9283
ページ上部へ戻る