※画面を横にするとパソコン版のレイアウトでご覧いただけます。
 正しく表示されていない場合は横向きでご覧ください。

ULTRISシリーズ リアルタイム・ハイパースペクトルカメラ

シリーズ名

ULTRIS 5

超小型モデル VNIR 450-850nm / 50バンド


point
  • リアルタイムハイパースペクトルカメラ
  • VNIR 450-850nm / 50バンドに対応
  • 解像度250×250ピクセル
  • 約125gの超小型軽量モデル
  • スナップショット・ビデオ撮影に対応
  • TIFF/ENVI形式でのファイル出力に対応
  • MatLab、Python対応の開発用SDK

Cubert社のULTRIS 5は、ライトフィールド技術をハイパースペクトルイメージングに応用した画期的な製品です。

リニアに波長が変化するバンドパスフィルタとマイクロレンズアレー(MLA)の組合せで、1波長当たり6万画素の解像度で、低ノイズにリアルタイム分光イメージングを実現しました。

可視から近赤外の波長域(450-850nm)に対応しており、50バンドの波長が取得可能です。約125gと小型軽量のため、ハンディでの撮影や複数台の搭載も容易になりました。

食品検査、医療、リモートセンシングなど様々な用途にご利用いただけます。

商品コード(型番) AR-ULTRIS-5
波長域 450 ~ 850nm
バンド数 50バンド
波長分解能(FWHM) 26nm @ 532 nm
波長サンプリング間隔 8nm
解像度(分光) 250×250
フレームレート 最大15スペクトルキューブ/秒
出力階調 12ビット
検出器 CMOS
検出器画素数 500万画素
積分時間 0.1 ~ 1000ms
インターフェース GigE×1
FOV 15°
サイズ 29×29×49mm
重量 126g
消費電力 3.1W
▲タブのトップへ戻る

CubertのCUVISソフトウェアは、グラフィカルインターフェースを採用し、複雑な操作なしでご利用いただけます。直感的なインターフェースは、処理アルゴリズムや分類のカスタマイズに対応し、分析を容易にしました。

スナップショット撮影、動画撮影、トリガー撮影、積分時間設定、ダーク・ホワイトリファレンス取得、フレームレート設定などの標準的な撮影はもちろん、 リアルタイムでの波長表示や設定した指標でのリアルタイムフィルタ表示にも対応しています。撮影後は、データのスペクトル表示や反射率変換、放射輝度変換、分光画像とパンクロマチック画像をパンシャープン処理も可能です。 出力は、TIFFやENVIなどのフォーマットから選択が可能です。

ソフトウェア開発用のSDKも提供されており、機器への組み込み、無人航空機やヘリに搭載してWiFiなど無線通信にて測定を行うことが可能です。

GUI機能 カメラ設定:積分時間、フレームレート、平均化
録画:ハードウェアトリガーモード、GPSモジュール(オプション)
リファレンス;ダークリファレンス、ホワイトリファレンス
ライブ処理:ラジオメトリック補正、分光放射輝度、カスタムアルゴリズム
ライブスペクトルプロット:エリア、複数選択
ライブ分類:perClass MIRA/ perClass Toolbox パイプライン
OS Windows 10 64Bit
Ubuntu 20.04 LTS ※UbuntuはGUIには対応しておりません。
推奨環境 Intel i5以上、RAM 8 GB
DLL SDK C , C++, MATLAB
リモートSDK(TCP/IP) C++, MATLAB
出力フォーマット TIFF(Single/Multichannel, EXIF, GPS IFD, XMP), ENVI
外部ソフトウェア例 perClass MIRA, Agisoft Metashape , Matalb
▲タブのトップへ戻る
商品コード(型番) 構成/内容 価格
ハイパースペクトルカメラ
AR-ULTRIS-5 リアルタイム・ハイパースペクトルカメラ ULTRIS 5 お問い合わせ
アクセサリーパッケージ
Lab-Lite 標準パッケージ
(ソフトウェア、SDK、パワーサプライ、ケーブル一式、収納ケース)
お問い合わせ
Flight-Lite フライトパッケージ
(ミニPC、GPSレシーバー、ソフトウェア、SDK、パワーサプライ、ケーブル一式、収納ケース)
お問い合わせ
オプション
KalRad ラジオメトリックキャリブレーション お問い合わせ
Kal30_95 ホワイトターゲット(反射率95%、30cm四方) お問い合わせ
SRM_Mini 分光放射計 お問い合わせ
▲タブのトップへ戻る
ページ上部へ戻る