株式会社アルゴ

※画面を横にするとパソコン版のレイアウトでご覧いただけます。正しく表示されていない場合は横向きでご覧ください。

画像入力 PIXCI-EB1

CameraLink フレームグラバーボード
Base Config専用・PCI Express x1・キャプチャーソフトウェア付属

  • CameraLink Base Configurationフレームグラバボード
  • PowerOver CameraLink(PoCL)対応可能
  • 最大転送速度191MB/sec
  • 高速DMA転送によるメモリキャプチャ
  • オンボードカメラコンフィグ機能採用
  • フリーラン & トリガーキャプチャーに対応
  • 64ビット メモリーアドレッシング対応
  • LowProfile仕様準拠(ブラケット別売)
  • キャプチャーソフトウェアXCAP-Lite付属
  • 32/64ビット Windows & Linux OS対応

EPIX社のPIXCI-EB1は、PowerOver CameraLink(PoCL)に対応したフレームグラバーボードです。

CameraLink Base Configuration専用で、インタフェイスはPCI Express x1を採用し、キャプチャーソフトウェアも付属したモデルです。別売のSDKでのアプリケーション開発も可能です。

オンボードカメラコンフィギュレーション機能により、対応済みカメラの場合はカメラファイルの作成が不要です。もちろん、未対応カメラでもカメラファイルを作成する事で対応可能です。

仕様

入力フォーマット CameraLink Base
接続カメラ台数 1台
コネクタ 26ピン MDRコネクタ x1 (CameraLink用)
D-sub9ピン(トリガー制御用)
ビデオフォーマット モノクローム、Bayerカラー、RGBカラー
バス・インタフェイス PCI Express x1
データ転送速度 191MB/秒
フレームバッファメモリ パソコンのメインメモリを利用
カメラタイミング オンボードコンフィギュレーション、カメラファイルで設定
カメラ制御信号 CC1~CC4
カメラ通信方法 シリアル通信(CameraLinkケーブル経由)
外部制御信号 Input/Output:LVTTL
対応ピクセルクロック 最大85MHz
ビューワソフトウェア ビューワソフトウェア標準添付・XCAP-Lite版
SDK XCILB/取り込み関数群(別売)、XCLIBIPL/取り込み+拡張関数群(別売)
対応OS 32/64bit:Windows(XP以降のWindowsOS)
32/64bit:Linux
サイズ 83.8mm(L) x 64mm(W)  LowProfile(ロープロファイル)準拠
使用環境温度 0~70℃
相対湿度 90%(動作時)、95%(保管時) 結露しない事
コンプライアンス EMC Directive89/336/ECC,Class B、 RoHS

価格

商品コード(型番) 構成/内容 価格(税別)
ボード PIXCI-EB1 CameraLink入力Base専用画像入力ボード(PoCL機能なし) お問い合わせ
PIXCI-EB1P CameraLink入力Base専用画像入力ボード(PoCL機能あり) お問い合わせ
オプション OPT-LPBRKT-EB1 PIXCI-EB1/EB1P用LowProfileブラケット
(2枚組:CameraLink用とD-Sub用)
\3,000
ケーブル CBL-CL-xxM FullConfiguration準拠
MDR-MDR CameraLinkケーブル(2/3/5m)
お問い合わせ
CBL-MCL-xxM FullConfiguration準拠
MDR-SDR CameraLinkケーブル(2/3/5m)
お問い合わせ
CBL-MCLP-xxM PoCL対応Base準拠
MDR-SDR 標準CameraLinkケーブル(2/3/5/10m)
お問い合わせ
専用
キャプチャ
ソフト
XCAP-LTD フレームバッファー容量など一部制限機能を解除 お問い合わせ
XCAP-STD 全機能が使用可能 お問い合わせ
SDK XCLIB-V3.8 32/64bit Windows/Linux用SDK(基本関数群) \85,000
XCLIBIPL-V3.8 32/64bit Windows/Linux用SDK(基本関数群+拡張関数群) \170,000

※注意事項

  • LowProfileブラケットを使用する場合、空きスロットが最大2スロット必要です。
  • PoCL機能のないカメラを使用する場合はPIXCI-EB1をお求め下さい。
  • 使用されるパソコンによっては帯域不足で動作が不安定になる場合があります。
    事前に動作確認などを行った上でご購入下さい。
    推奨メーカーはDELLおよびLenovoです。
  • XCAP-LTD、XCAP-STDにはハードウェアプロテクトキー(USB)が付属します。
  • XCAP-LTDで確保できるフレームバッファは最大8GBまでです。

資料

【ハードウェア】 ・CameraLinkとは ・インタフェイス&帯域幅

【ソフトウェア】 ・XCAPソフトウェア ・XCLIBプログラマライブラリ

ページ上部へ戻る