※画面を横にするとパソコン版のレイアウトでご覧いただけます。
 正しく表示されていない場合は横向きでご覧ください。

CameraLink入力対応 NVIDIA Jetsonキャリアボード

製品名

PIXCI-E4TX2

Base 4ch / Medium~Full 2ch まで接続対応


EPIX社ソフトダウンロードサイト
point
  • 対応CameraLink規格 Base - Full(10Tap) Configuration
  • Base最大4ch、同時取り込み可能
  • 1.4GB/sの安定した転送速度
  • 高速DMA転送によるメモリキャプチャ
  • オンボードカメラコンフィグでタイミング調整不要
  • フリーラン & トリガーキャプチャーに対応
  • 64ビット メモリーアドレッシング
  • キャプチャーソフトウェアXCAP-Lite付属
  • NVIDIA JetsonTX2向けキャリアボード

EPIX社のPIXCI-E4TX2は、NVIDIA Jetsonシリーズ向けに設計されたCameraLinkキャプチャ機能を持つキャリアボードです。

BaseConfigurationなら最大4台、Medium/Fullなら最大2台までCameraLinkデバイスを接続可能です。オンボードカメラコンフィグ搭載で対応済みカメラであればタイミング調整やカメラファイルも不要で、SDK(別売)も支援されているのでアプリケーション構築も可能です。

PIXCI-E4TX2を使えば低消費電力でパワフルなCUDA対応GPUをもつJetsonを使い、CameraLinkによるコンパクト処理ユニットの作成も可能です。

仕様

対応Jetson
Jetson TX2
ボード仕様
商品コード(型番) PIXCI-E4TX2
コネクタ 26ピン MDR or SDRコネクタ x2(CameraLink用)
26ピン MDR or SDRコネクタ x2(増設ボード利用時)
10ピンMiniHeader端子 x2(トリガー制御用)
その他コネクタ RJ45有線LAN×1、USB3.0×1、USB2.0×1、HDMI×1
CameraLinkフォーマット CameraLink Base - Medium - Full(10Tap可能)
接続カメラ台数 最大2台(Base/Medium/Full) or 最大4台(Baseのみ)
バス・インタフェイス PCI Express2.0 x4
データ転送速度 1.4GB/s
フレームバッファメモリ Jetsonのメインメモリを利用
カメラタイミング オンボードコンフィギュレーション、カメラファイルで設定
カメラ制御信号 CC1~CC4
カメラ通信方法 シリアル通信(CameraLinkケーブル経由)
外部制御信号 Input:TTL/LVTTL
Output:LVTTL
対応ピクセルクロック 20 ~ 85MHz
ビューワソフトウェア ビューワソフトウェア標準添付・XCAP-Lite版
SDK XCILB/取り込み関数群(別売)、XCLIBIPL/取り込み+拡張関数群(別売)
対応OS 64bit:Linux(Ubuntu by JetPack)
電源仕様 12VDC @ 900mA
サイズ 114.3mm(L) x 114.3mm(W)  
使用環境温度 0~70℃
使用環境湿度 90%(動作時)、95%(保管時) 結露しない事
コンプライアンス RoHS

価格

商品コード(型番) 構成/内容 価格
ボード E4TX2-M CameraLink対応MDRコネクタ搭載 Jetsonキャリアボード お問い合わせ
E4TX2-S CameraLink対応SDRコネクタ搭載 Jetsonキャリアボード お問い合わせ
オプション E4TX2-PWR E4TX2用ACアダプタ(12VDC) 20,000円
税込 22,000円
E4TX2-EXT-M E4TX2用MDR-CameraLinkコネクタ増設ボード 30,000円
税込 33,000円
E4TX2-EXT-S E4TX2用SDR-CameraLinkコネクタ増設ボード 35,000円
税込 38,500円
Jetson
オプション
NVIDIA-TX2 JetsonTX2モジュール(E4TX2用ブートローダー修正済) お問い合わせ
NVIDIA-TX2-OPT-HSF JetsonTX2モジュール用ファン付きヒートシンクへ変更 10,000円
税込 11,000円
ケーブル CBL-CL-xxM FullConfiguration準拠 MDR-MDR CameraLinkケーブル(2/3/5m) お問い合わせ
CBL-MCL-xxM FullConfiguration準拠 MDR-SDR CameraLinkケーブル(2/3/5m) お問い合わせ
専用キャプチャソフト XCAP-LTD フレームバッファー容量など一部制限機能を解除 お問い合わせ
XCAP-STD 全機能が使用可能 お問い合わせ
SDK XCLIB-V3.8 32/64bit Windows/Linux用SDK(基本関数群) お問い合わせ
XCLIBIPL-V3.8 32/64bit Windows/Linux用SDK(基本関数群+拡張関数群) お問い合わせ

※注意事項

  • Full Configurationで使用する場合最大ケーブル長は5mまでになります。
  • Base 4chで使用する場合はボード上のディップスイッチを切り替える必要があります。
  • JetsonTX2モジュールにはデフォルトではファンなしのヒートシンクが取り付けられています。
  • ボード上に電源ピンが用意されていますので、12VDCを供給する電源を接続してご使用ください。
  • 電源On/Offおよびリセット信号用のスルーホール端子がボード上に用意されていますので、スイッチなどを結線してご使用ください。
    実装済みの電源スイッチなどはボード上にはございません。

資料

【ハードウェア】 ・CameraLinkとは ・インタフェイス&帯域幅

【ソフトウェア】 ・XCAPソフトウェア ・XCLIBプログラマライブラリ

ページ上部へ戻る