産業用UVCカメラのすすめ 産業用UVCカメラのすすめ

※画面を横にするとパソコン版のレイアウトでご覧いただけます。正しく表示されていない場合は横向きでご覧ください。

イメージセンサの選択肢が多いと何がいいのか?

産業用カメラは様々なラインナップのイメージセンサが搭載されており、用途に応じて使い分けることができます。撮影対象物に応じたイメージセンサを選択することでより綺麗で鮮明な画像が取得できます。
例えば、とても高速な撮影対象物を撮影する場合は感度の高いイメージセンサが好まれます。カメラには、露光時間やゲインといった明るさ調整ができますが、それぞれのパラメータで画像を明るくすることによるデメリットもあります。イメージセンサの感度が高いと露光時間やゲインをそこまであげなくても綺麗な画像が取得できます。

カメラ搭載イメージセンサ

The Imaging Source社がカメラに搭載しているイメージセンサは、SONY社製のPregiusやStarvis、旧Aptina社のローコストのセンサ、OnsemiのPYTHONシリーズなど非常に幅広いラインアップを有しています。



産業用カメラの機種選定

産業用UVCカメラ
産業用カメラの基礎
産業用カメラのスペックの見方

カメラ制御用プログラム開発

開発のフレームワーク
オープンソース(Python)
オープンソース(C++)
ICImagingControl(Python)
tiscamera(Python)
NVIDIA Jetson(Python)
サードパーティ

リンク集