産業用UVCカメラのすすめ 産業用UVCカメラのすすめ

※画面を横にするとパソコン版のレイアウトでご覧いただけます。正しく表示されていない場合は横向きでご覧ください。

LinuxにおけるUVCカメラをとりまく開発のフレームワーク

1.Linuxで産業用UVCカメラを動作させる

TheImagingSource社(以下TIS)製USBカメラは、一般的なWEBカメラなどと同様にLinux環境でUVCカメラとして使うことができます。

WEBカメラやDFKシリーズをUVCカメラとして使用可能

WEBカメラもTISカメラも、v4l2の汎用的なLinuxドライバーを用いてデバイスを制御します。

Linuxドライバー・v4l2を用いてカメラを制御

この時、産業用UVCカメラDFKシリーズを用いていれば、UVC Extension Unitsをインストールする事で産業用カメラ機能をフルに使えるようになります。

このUVC Extension Unitsをインストールすると、産業用カメラのGPIOへのピンアクセス、外部トリガー、ビニング機能などが使えるようになります。例えば、外部トリガーを使えば、カメラのシャッタータイミングをTTL信号で制御できるようになるので、各種センサーと組み合わせることで面白いアプリケーションが開発できるかもしれません。