産業用UVCカメラのすすめ 産業用UVCカメラのすすめ

※画面を横にするとパソコン版のレイアウトでご覧いただけます。正しく表示されていない場合は横向きでご覧ください。

フォーマット

フォーマットは、イメージセンサの有効画素の大きさを表しています。フォーマットは「1/2インチ、2/3インチ、1インチ」などと表記されます。この情報はレンズなどの光学系を選定する際に必要な情報です。例えば、カメラが2/3インチ、レンズが1/2インチフォーマット対応という組合せでは、レンズで集光した光をイメージセンサの有効画素全体に当てることができないので、ケラレが発生します。ケラレとは撮影した画像の周囲に暗い影ができてしまう事です。


ケラレ画像


逆に、カメラが2/3インチ、レンズが1インチ対応であればケラレは発生しません。レンズの対応インチがカメラのフォーマットより大きければ問題はありません。ちなみに、カメラのセンサフォーマットが大きくなると、カメラのコストも上がっていく傾向にあります。



産業用カメラの機種選定

産業用UVCカメラ
産業用カメラの基礎
産業用カメラのスペックの見方

カメラ制御用プログラム開発

開発のフレームワーク
オープンソース(Python)
オープンソース(C++)
ICImagingControl(Python)
tiscamera(Python)
NVIDIA Jetson(Python)
サードパーティ

リンク集