今や多くの企業、学校が導入しているWEB会議システム(Zoom/Microsoft Teams等)。導入当初は動揺があったかもしれませんが、その使い勝手の良さから日常的に利用するようになった方も多いのではないでしょうか。場所を選ばず、顔を見て対話ができるWEB会議システムは働き方改革で推進されるテレワークでも便利なツールとして認知されています。
また対面とオンラインを同時に行う「ハイフレックス(HyFlex:Hybrid-Flexible)」が新しい常識となりつつある中、あらゆる分野で設備や機器の導入、検討が進んでいます。

そこで、今回はすでに広く浸透しているWEB会議システム(Zoom/Microsoft Teams等)とPearlシリーズを利用して対面とオンラインで同時に会議、授業を行う方法をご紹介します。

ハイフレックス=Pearlシリーズ+Zoom/Microsoft Teams

どんなハイフレックスでも中心となるのは、ストリーミングと録画ができる機器です。映像コンテンツを取込み、切替えし、配信することでリモート会議や遠隔授業が実現できます。
Pearlシリーズは映像を取込み、ストリーミングと録画が1台でできるオールインワンデバイスで、ハイフレックスに最適です。

Point1.
オンラインでも正確に情報共有できること

PearlシリーズはフルHD/4K映像入力、マイクの音声入力に対応しているため、高解像度の映像とクリアな音声を届けられます。


Point2.
使いやすいこと

Pearlシリーズは全ての映像・音声信号を集め、どのように見せるかを制御できます。複数の機材操作や専門知識が不要で、誰にとっても使いやすいデバイスです。

Point3.
KALTURAやPanoptoとの統合

KALTURAやPanoptoとはスケジュール作成や管理が統合できます。
さらに講義の録画後、自動ファイルアップロード機能を使えば手間をかけずにオンデマンド配信が実現できます。


Point4.
信頼性

Pearlシリーズは高品質のストリーミングや録画がいつでも行えます。ハードウェアエンコーダーはソフトウェアエンコーダーに比べ、安定した動作が期待できます。

Pearlシリーズとの併用で
WEB会議システムの
用途を広げます!

Pearlシリーズは配信・録画が1台で
できるユニークな製品です

WEB会議システム

WEB会議システム+Pearlシリーズ
メリット1.チャット機能
メリット2.PC内にあるファイル共有

Pearlシリーズをプラスすると、PC内のファイル画面の他、カメラ映像(LAN経由もOK)、マイク音声などを任意に組み合わせた映像をオンラインで共有できるようになります。また配信映像の切替えがワンタッチで行えるので、情報共有が円滑に行えます。
その他、同時に録画も行えるので配信映像を動画コンテンツとして保存することも可能です。

カメラの映像+プレゼン資料+日付の追加+音声もOK

Pearlは配信しながら
録画も可能!

録画

・会議の議事録として
・教材として
・イベントの記録として
・商談、面談などやり取りの記録として

配信

・同時に他の配信プラットフォームでのライブ配信

利用イメージ

メリット

・複数の映像・音声を同時に入力
・自由なレイアウト作成
・HDMI出力
・WEB会議で使用した映像音声をまとめて録画
・他の配信プラットフォームで同時にライブ配信
・ネット接続の不具合で録画が切れる心配なし
本格的なライブ配信を1人でも行える 録画ストリーム配信ユニット Pearl-2/Pearl Mini 特設サイト

お問い合わせ先

株式会社アルゴ

電話 06-6339-3366 
メール argo@argocorp.com

ホームページ https://www.argocorp.com