株式会社アルゴ

※画面を横にするとパソコン版のレイアウトでご覧いただけます。正しく表示されていない場合は横向きでご覧ください。

カメラ IMEC-HSシリーズ

分光フィルタ搭載ハイパースペクトルセンサ
モザイク or タイル or ライン分光

  • イメージ分光センサ(センサーチップ単体)
  • 標準品のモザイク、タイル、ライン分光センサ
  • 特注品のモザイク、タイル、ライン分光センサ
  • 波長範囲は400nm~2.0μmで開発対応
  • チップ単体の提供からウエハーレベルの対応まで可能

IMECは、独自の分光フィルタ技術とプロセスを用いて、イメージセンサ上に様々な分光フィルタを構成することができます。現在ラインアップされている標準センサはモザイク16 or 25バンド(470-630nm / 600-1000nm)、32タイル(600-1000nm)、ライン100 or 150バンド(470-900nm / 600-1000nm)の3タイプがあり、基礎開発はさらに進んでおり、技術的には400nm~2.0μmまでの波長範囲で様々な特注カスタムフィルタを開発することができます。

センサの選定からフィルタの構成まで一貫して開発すること以外に、お客様のセンサにウエハーレベルでフィルタを構築することも対応しております。回折格子やプリズムを使った分光器が不要、カメラ単体でのハイパースペクトルイメージングを実現しました。

分光技術

IMECはファブリペロー干渉を用いた狭帯域及び可変フィルタ技術とプロセスを独自に開発し、分光波長、バンド幅、透過率、可変構成など様々なカスタム構成に対応することができます。

モザイク分光

モザイク分光フィルタは、イメージセンサ上の各画素又は複数の画素に様々な波長バンドのフィルタをモザイク状に構成します。下記はイメージセンサ上に配列されたフィルタの構成例です。

タイル分光

タイル分光フィルタは、イメージセンサ上の指定したエリア分の画素に指定された波長バンドのフィルタをタイル状に構成します。下記はイメージセンサ上に配列されたフィルタの構成例です。



ライン分光

ライン分光フィルタは、イメージセンサ上の指定したラインごとに指定された波長バンドのフィルタを順番に構成します。下記はイメージセンサ上に配列されたフィルタの構成例です。


カスタムフィルタの例

IMECが現在所有している基礎技術をもとに、開発が可能なカスタムフィルタの例を下記に示します。

  • 商品コード
    (型番)

    IMEC-HS-16-xx-CHIP
    IMEC-HS-25-xx-CHIP

    IMEC-HS-32-xx-CHIP
     

    IMEC-HS-LS100-xx-CHIP  
    IMEC-HS-LS150-xx-CHIP
    分光センサー
    モザイク16 or 25バンド
    タイル32バンド
    ライン分光100 or 150バンド
    解像度
    2048x1088
    2048x2048
    空間解像度
    @バンド
    512x256 (1バンド) @
    VIS 4x4 モザイク
    490x216 (1バンド) @
    NIR 5x5 モザイク

    256x256(32タイル)


    2048xライン数

    分光FWHM
    @バンド
    15nm
    10nm
    10nm
    (16画素ライン@1バンド)
    フレームレート
    170fps(USB3.0)
    340fps(Camera Link)
    90fps(USB3.0)
    180fps(Camera Link)
    分光波長域
    VIS:470 ~ 630nm
    NIR:600 ~ 1000nm
    600 ~ 1000nm
    VIS (150バンド):470 ~ 900nm
    NIR (100バンド) :600 ~ 1000nm
    センサー CMOS
    ピクセルサイズ 5.5x5.5μm
    シャッター グローバルシャッター
    出力階調 10ビット
    最大飽和容量 13.5Ke-
    感度 4.64V / lux.s
    ダイナミックレンジ 60dB
    固定パターンノイズ < 1LSB(フルスイングの0.1%以下)
    消費電力 600mW
    分光感度特性

ページ上部へ戻る