株式会社アルゴ

※画面を横にするとパソコン版のレイアウトでご覧いただけます。正しく表示されていない場合は横向きでご覧ください。

カメラ

Lumenera
会社紹介・製品ご採用事例紹介・製品シリーズラインナップ

Lumenera社はUSBカメラが作られ始めた当初から10年以上にわたり産業用USBカメラを製造、提供しており、交通、医療、製造、流通など幅広いマーケットで使用されています。またお客様の要望に合わせたカスタムカメラも設計可能な技術力を持ち、多くの装置に組み込まれています。

ハードウェアだけでなくソフトウェアもカスタムが可能で、洗練されたドライバーはUSBカメラながら安定した動作と高速なデータ転送を可能にし、長年使われてきたSDKはサンプルプログラムも豊富で、LabVIEWやMATLABなどのプラグインも提供しています。
USB3.0カメラの登場の際にもいち早くUSB3.0カメラLtシリーズを開発し、大容量データの転送と通信の安定性を両立させ、USB3.0カメラメーカーの中では最も速いフレームレートと安定動作を提供します。
色の再現性に関する研究も盛んにおこなっており、Lumenera社の顕微鏡用カメラINFINITYシリーズは画質が非常に良く、色の再現性にも優れています。

USBだけでなくGigEのインターフェイスもあり、解像度についてもラインナップが豊富で、ご用途に合わせて最適なカメラを提供可能です。組み込まれた装置のFDA取得経験もあり、経験豊かに案件をサポートします。

ご採用事例

1つのPCに複数台接続しても安定動作する高速、高解像度産業用USB3.0カメラLtシリーズ

Lumenera社の産業用USB3.0カメラLtシリーズは大容量データを非圧縮で高速に転送しながら、安定して動作するため、パノラマ撮影、ステレオ撮影など、1つのUSBコントローラーに複数台のカメラを使用する アプリケーションにも多く使用されています。
最近では最大18台のLumenera社のカメラLt425Cを一度に動作させ、400万画素60fpsのそれぞれのカメラの映像をすべて同時に録画する用途にも使われました。
パノラマ撮影の視差の研究に使われたシステムですが、こういった研究のためにはフレーム落ちがなく、安定して高速に動作するカメラが必要です。
独自のドライバーで安定して動作するLumenera社のカメラはこのような用途に適しています。

高解像度カメラLg11059C、Lm11059Cを用いた高精度の色検査

Lumenera社のカメラは色の再現性にすぐれており、自動車のボディの塗装や家電製品の色検査に採用されています。
塗装が予期した色と同じ色になっているか、すべての製品が同じ色になっているかを検査するためには、検査装置であるカメラの色再現性は非常に重要です。
Lg11059CLm11059Cは解像度と感度が高く、ノイズが少ないため、細かい部品の検査から大きな製品をワンショットで取る用途まで、様々なアプリケーションにお使いいただけます。

病理学における顕微鏡カメラINFINITYの活躍

顕微鏡用カメラの中でも高い色再現性と待ち時間のないプレビュー表示、メガピクセルの高解像度を持つ顕微鏡用カメラINFINITYシリーズは顕微鏡を使う研究者や企業から高い評価を受けています。
特に様々な染色体や細胞を観察する病理学では、自身がアイピースから見た映像と同じ色の画像を取得できることや細かな色合いの変化を取得できるカメラとして活躍しています。
INFINITYシリーズは、特別な画像入力ボードは必要とせず、USB接続で簡単に操作が可能で、ビューワーソフトだけでなく、解析や資料作成に役立つソフトも付属しているため、導入が非常に簡単です。ソフトウェアはWindows OSだけでなくMac OSでも使用できるため、それぞれのOSを使い分けている環境でも対応可能です。Cマウントアダプタがあればオリンパスやニコンなどどのメーカーの顕微鏡にも取り付け可能です。

ページ上部へ戻る