株式会社アルゴ

※画面を横にするとパソコン版のレイアウトでご覧いただけます。正しく表示されていない場合は横向きでご覧ください。

カメラ LXG.Pシリーズ

プリプロセス用FPGA搭載カメラ Baumer(バウマー)社製
200 ~ 2000万画素:PoE対応

Baumer社カメラ・LX VisualAppletsカメラ
  • 高性能Xilinx製内部処理用FPGA搭載
  • VisualappletsによるスピーディーなFPGA回路設計対応
  • FPGA制御で利用するパラメーターをGenICam設定化可能
  • FPGAと連動可能なI/O端子とRS485端子搭載
  • 200万画素 ~ 2000万画素のモデルをラインナップ
  • PoEでの電力供給対応
  • NVIDIA Jetsonシリーズ、Raspberry Pi3対応

 アルゴ取扱いのBaumer(バウマー)社のLXG.Pシリーズはセンサーからのデータを直接操作可能なFPGA処理回路を搭載した新しいコンセプトの産業用カメラです。 内部FPGAでセンサーから送られてきたデータを高速に前処理し、必要なデータだけをGigEインターフェイスを使って後端の処理系に引き渡す事が可能です。
 200万画素から2000万画素までのCMOSIS製CMOSセンサーを搭載し、Xilinx製FPGA Spartan 6による強力で多彩な制御が可能です。
 カメラはFPGA側から制御可能なデジタルI/O端子とRS485端子を搭載しており、他のデバイスとの信号制御やシリアルコマンド制御による連携も可能です。
 FPGA回路の構築にはグラフィカルな回路設計が可能なSiliconsoftware製FPGA設計ソフト Visualappletsを採用。 回路パネルをワイヤーで繋げるだけの直感的で容易な回路構築が可能です。 また、処理しているデータの状況を確認するための強力なデバッグツールも取り揃えており、スピーディーなFPGA開発に貢献します。
 構築したFPGA回路のパラメーターはGEN<i>CAMの設定としてカメラファームウェアに書き込まれますので、回路構築後に閾値などの微調整をカメラの制御ソフトウェア上から行うことも可能です。

付属SDKのBaumer-GAPIは開発者にとって直感的なインタフェイスが支援され、ソフトウェア開発用のマニュアル内容も充実し、Windows/Linux(32/64bit)に対応しています。

USB3 VisionやGEN<I>CAM APIにも対応しておりますので、各種サードパーティー製ソフトでの動作も可能です。


※レンズは別売です。
 ㈱アルゴはVisual Appletsカメラの販売サポートにおける認定企業です。
FPGA搭載プリプロセスカメラ

LXG.Pは負荷分散とレスポンス性向上の観点から生まれた新しいコンセプトの産業用カメラです。
センサーから送られてきた画像データをFPGAでリアルタイム内部処理して必要なデータだけをPC側へ送信する事で、 後端処理系での画像処理負荷を軽減し、処理するデータ量の削減による処理レスポンスの向上に貢献します。
また、カメラのI/O端子とRS485端子はFPGAから直接信号制御も可能。
内部処理と連動した高速レスポンスなI/O制御がより周辺機器との連携を強めます。

アルゴ取扱いのBaumer社カメラ・LXシリーズ
高性能FPGA搭載

カメラ内にはXilinx製FPGAのSpartan6-LX150を搭載。
メモリバッファには高速・広帯域DDR3メモリを256MB(カメラの内部バッファと共有)搭載。
センサーからのデータをバファを介して非常に低い遅延性でリアルタイムに処理可能です。

▲タブのトップへ戻る
グラフィカルFPGA開発ソフト[Visualapplets]

Silicon Software社が提供するVisualappletsはFPGA開発での煩わしいコーディングによる開発を廃し、 グラフィカルな機能パネル(オペレーター)をドラッグ&ドロップしてワイヤーで繋げるだけの簡単でオリジナルなFPGA開発環境を提供します。
開発速度を求められる現場で開発からデバッグまでをスピーディーに仕上げる事に貢献します。

アルゴ取扱いのBaumer社カメラ・LXシリーズ Visualapplets画面
多数の処理機能を搭載

Visualappletsでは200を超える機能パネル(オペレーター)が提供されています。
画像取得やDMA転送、データ処理パイプライン変更やビット操作、外部I/Oの制御や倫理演算、ブロブ解析やモフォロジー処理、FIRフィルタ処理やJpeg圧縮処理など多彩なオペレーターが用意されています。
一つ一つの機能は単純なものですが複雑に組み合わせる事で様々な前処理をカメラ内で行う事が可能です。

ランタイムライセンス込み

LXG.PはVisualapplets Embedderを使用しており、ランタイムライセンスはカメラ自身に含まれています。
ランタイムライセンスを購入する必要はなく、カメラを購入するだけでVisualappletsで構築したFPGA処理プログラムを利用可能です。

▲タブのトップへ戻る
簡単アルゴリズム構築、GUIプログラミング

VisualappletsでのFPGAプログラミングは全てオペレーターと呼ばれるパネルを画面上に置き、データ経路を意味するワイヤーで繋ぐだけの簡単で明快なプログラミング方式です。
誤った繋ぎ方や異なるデータ型を与えた場合はエラー内容と共にワイヤー色で警告を出すためエラー箇所にも気付き易く、プログラム構築の専門的な知識が無くてもFPGAソフトウェアを構築する事が可能です。
煩わしいコーディングから開放される事でプログラマーはアルゴリズム構築に専念でき、アルゴリズムの修正や変更も素早く行う事が可能です。

アルゴ取扱いのBaumer社カメラ・LXシリーズ FPGAプログラミング
簡単デバッグ、シュミレーター搭載

Visualappletsには処理する画像データが構築したアルゴリズム通りに処理されたかを確認するためのシュミレーター機能を搭載しています。
ソース画像を与え、プレビューポイントを設定する事でプレビューポイントでのデータ処理状況を視覚的に確認可能です。 プレビューポイントは複数設置可能ですので、複雑な処理を重ねた場合でも1ステップごとに処理状況を素早く確認できます。
ソースには連続的な画像データを使うことも可能ですので、複数画像の逐次処理や比較処理などの処理状況も確認可能です。

アルゴ取扱いのBaumer社カメラ・LXシリーズ 簡単デバッグ
簡単チェック、プログラム精査機能

Visualappletsには構築したプログラムを精査する各種チェック機能が備わっています。
配線などのルールが間違っていないかなどのデザインチェック機能や、各データ処理パイプラインでの処理データ量がFPGAの処理帯域をオーバーしていないかどうかの帯域チェック機能、 FPGAリソースをオーバーするようなプログラム内容かどうかのリソースチェック機能を使う事で、リソース不足を回避する修正を長時間待たされるFPGAプログラムのコンパイルを行う前に行う事が可能です。
コンパイルを何度もやり直すような状況を未然に防ぎ、プログラムの整合性を確認する時間を短縮可能です。

アルゴ取扱いのBaumer社カメラ・LXシリーズ シミュレータ
▲タブのトップへ戻る
微調整可能、GenICamパラメーター化

LXG.PではVisualappletsで作成した処理プログラムの閾値などのパラメーターをカメラのGenICam設定として利用可能です。
FPGAプログラムをカメラにアップロード後、カメラを制御するソフトウェアからカメラ設定としてそれらのパラメーターを調整する事で、 閾値などの微調整のために何度もFPGAプログラムを書き換えてコンパイルし、アップロードする必要はありません。
また、カメラ設定のUserSetを使えばそれらのパラメーターも含む現在のカメラ設定をカメラ内に保存する事も可能。

アルゴ取扱いのBaumer社カメラ・LXシリーズ GenICam
簡単FPGA処理内容切り替え

構築したFPGAプログラムはカメラのファームウェアファイルとして生成されます。ファームウェアは専用の更新ツールで素早く更新可能で、万が一の時の為にFPGA処理なしの工場出荷設定に戻す事も可能です。
構築したFPGA処理毎にファームウェアファイルを用意しておけば、利用シーンに合わせてファームウェアを書き換えるだけで様々なFPGA処理内容に切り替え可能です。

▲タブのトップへ戻る
例:光切断ラインレーザー検知

ラインレーザーの当たっている箇所だけを抽出し、整列する事で処理データ量を大幅に削減。中心座標を予め算出して送信データにメタデータとして付随させる事で座標算出の処理も省く事が可能です。
空いたCPUリソースを3Dオブジェクトの構築処理に回す事でより高速に対象物を処理可能になります。

アルゴ取扱いのBaumer社カメラ・LXシリーズ
例:レーザートラッキング

スポットレーザーの当たっている箇所を画像上から検索し、検出した部分周辺だけの小さな画像データに切り出す事で処理データ量を大幅に削減。中心座標を予め算出して送信データにメタデータとして付随させる事で座標位置も把握可能です。
FPGAでのカメラI/O処理と組み合わせる事で所定座標範囲にスポットが入っていないならエラー信号を出力するなど検知結果と外部機器とをPCレスで連動可能です。

▲タブのトップへ戻る

ラインナップ

商品コード
(型番)
解像度
最大処理速度
センサー センサー
メーカー
シャッター フォーマット マウント  
LXG-20C.P 2048×1088
74fps
CMOS
2/3”
CMOSIS
CMV2000
グローバル
シャッター
カラー C 詳細 >>
LXG-20M.PS 2048×1088
337fps
CMOS
2/3”
CMOSIS
CMV2000
グローバル
シャッター
モノクロ C 詳細 >>
LXG-40M.P 2048×2048
74fps
CMOS
1”
CMOSIS
CMV4000
グローバル
シャッター
モノクロ C 詳細 >>
LXG-120M.PS 4096×3072
60fps
CMOS
APS-C
CMOSIS
CMV12000
グローバル
シャッター
モノクロ M58 詳細 >>
LXG-200M.P 5120×3840
12fps
CMOS
35mm
CMOSIS
CMV20000
グローバル
シャッター
モノクロ M58 詳細 >>

寸法図

アルゴ取扱いのBaumer社カメラ・LXシリーズの寸法図面
  1. HOME
  2. 商品総合
  3. 産業用カメラ
  4. GigEカメラ
  5. Baumer LXG.Pシリーズ
ページ上部へ戻る